新着情報

RSS

2019.11.30

弦について(3)

いつもベースショップ高崎をご愛顧頂きありがとうございます。
当店は東京都世田谷区でコントラバスの修理・販売を行っている会社です。
今まで数千台のコントラバスの修理実績があります。
神奈川横浜・東京エリアのコントラバス・ウッドベースのことなら東京都世田谷区にあるベースショップ高崎におまかせ下さい。

※3つ前に掲載したを見てから読んで下さい。


弦楽器の世界での知名度はピラストロ社に次ぐメーカーです。
コントラバスではジャズ等の主にピチカートで演奏をするジャンルで使われる事が多いと思います。
1年に1回位の弦交換をお勧めします。

・スピロコア(Spirocore)(ミディアム)
(テールピース側:赤、糸巻き側:赤)
ピチカート主体で演奏をするジャンルの場合、世界のスタンダードだと言っても過言ではない弦だと思います。
他の弦を色々と試した結果、スピロコアに戻るという事もよく見かけます。
ピラストロ社の弦に比べて音の輪郭が出やすく、サスティーンも長いのが特徴です。
パワーもあります。
ただ、弓で弾くと金属的な音が出てしまいやすい弦です。

・スピロコア(Spirocore)(ソフト)
(テールピース側:赤、糸巻き側:紫)
※ソフト以外にもライトやバイヒの呼び方があります。
上記のミディアムに比べてパワーやサスティーンは落ちますが、初めからミディアムが馴染んだ時期の音色です。
後、少しゲージも細く押さえやすい弦です。
弓でもミディアムに比べると扱いやすいので、弓も使いたいプレイヤーに選ばれる事が多い弦です。
エレキベースと持ち替えをするプレイヤーに好まれる傾向があるように思います。

・ベルカント(Belcanto)
(テールピース側:オレンジ、糸巻き側:オレンジ)
スピロコアばかり売れているトーマスティック社が出した第3の弦です。
恐らくアルコ・ピチカート両方で使える弦という目論見で出したとは思うのですが、クラシックのプレイヤーに大ウケし、結局使用者のジャンルが偏ったままです。
ピラストロ社の弦に比べると多少金属的な音がしやすいかもしれませんが、反応が速くスピロコア譲りのパワーも有るためオーケストラで好まれているようです。
吹奏楽でも良いと思います。
ただ、ピチカート主体のプレイヤーには中途半端感があるようで、これであればスピロコア・ソフトの方が使いやすく感じる方が多いようです。

お問い合わせはこちらから!
電話でお問い合わせ⇒03-6821-5077
メールでお問い合わせ⇒お問い合わせフォーム
  • 前のページ
  • 次のページ