新着情報

RSS

2019.11.30

弦について(1)

いつもベースショップ高崎をご愛顧頂きありがとうございます。
当店は東京都世田谷区でコントラバスの修理・販売を行っている会社です。
今まで数千台のコントラバスの修理実績があります。
神奈川横浜・東京エリアのコントラバス・ウッドベースのことなら東京都世田谷区にあるベースショップ高崎におまかせ下さい。

※1つ前に掲載したを見てから読んで下さい。


弦楽器の世界では最も有名な弦メーカーだと思います。
主に弓での演奏に適している弦を多く出しています。
糸巻き側の色はオーケストラ・チューニングの場合、G:茶、D:赤、A:黒、E:緑です。
下記の()内の色はテールピース側の色です。
1年に1回位の弦交換をお勧めします。

・フレクソコア(Flexocor)(エンジ)
ピラストロ社の弦の中では発音が速く、音の輪郭を出しやすい弦です。
初心者の方や中高生の方でも扱いやすい弦だと思います。

・フラット・クロムスチール(Flat Chromesteel)
(エンジと白の縞々)
フレクソコアよりも明るい音色の弦です。
ただ、金属的な音になってしまう傾向があります。
上記の傾向を生かしてアルコ・ピチカートの両方が必要な場面でも使えます。

・フレクソコア・デラックス(Flexocore Deluxe)
(赤と白の縞々)
上記のフレクソコアとフラット・クロムスチールの中間にある特性の弦です。
テールピース側の色はパッと見るとフラット・クロムスチールと見分けがつきづらいです。

・オリジナル・フレクソコア(Original Flexocore)(青)
発音は重いのですが、重量感のある音が出ます。
オーケストラで使われている事が多い弦です。

・オリジナル・フラット・クロムスチール
(Original Flat Chromesteel)(青と白の縞々)
上記のオリジナル・フレクソコアよりも発音が重く、重量感の音が出る弦です。
この弦もオーケストラで使われている事が多い弦です。
ジャズでは某名プレイヤーが長年この弦を使っていて、憧れる人は試した後にそのプレイヤーの偉大さを更に知る事になる弦です。



お問い合わせはこちらから!
電話でお問い合わせ⇒03-6821-5077
メールでお問い合わせ⇒お問い合わせフォーム
  • 前のページ
  • 次のページ